いつきの里
松山福祉園
くるみ園
いつきホームズ
地域生活支援室
福角保育園
ウィズ
堀江保育園
ウィズ
ウィズ
いつきの里
 
いつきの里トップページ
いつきの里 沿革・概要・計画
利用者の方々への支援にあたって
施設入所支援について
キララ虹の会(自治会活動)について
生活介護事業について
短期入所事業所
地域における公益的な活動
日中一時支援事業
各種地域支援事業
各種規程
いつきの里便り
ショッピング
特定商取引きによる表示
個人情報保護方針
NEWS
お問合せ
  住所 : 郵便番号799-2652
松山市福角町甲1829番地
Mail : fukuzumikai@hukuzumikai.com
Tel : 089-978-5855
Fax : 089-978-5856
サイト内検索:
トップページ > いつきの里トップページ > 利用者の方々への支援にあたって
○倫理綱領
               倫 理 綱 領
              
前文
 知的障害のある人たちが、人間としての尊厳が守られ、豊かな人生を自己実現できるように支援することが、私たちの責務です。そのため、私たちは支援者のひとりとして、確固たる倫理観をもって、その専門的役割を自覚し、自らの使命を果たさなければなりません。
 ここに倫理綱領を定め、私たちの規範とします。


1.生命の尊厳
 私たちは、知的障害のある人たちの一人ひとりを、かけがえのない存在として大切にします。

2.個人の尊厳
 私たちは、知的障害のある人たちの、ひとりの人間としての個性、主体性、可能性を尊びます。

3.人権の擁護
 私たちは、知的障害のある人たちに対する、いかなる差別、虐待、人権侵害も許さず、人としての権利を擁護します。

4.社会への参加
 私たちは、知的障害のある人たちが、年齢、障害の状態などにかかわりなく、社会を構成する一員としての市民生活が送れるよう支援します。

5.専門的な支援
 私たちは、自らの専門的役割と使命を自覚し、絶えず研鑚を重ね、知的障害のある人たちの一人ひとりが豊かな生活を実感し、充実した人生が送れるよう支援し続けます。

○職員行動規準
             いつきの里従業者行動規準

はじめに
いつきの里を利用する全ての人たちが、人間としての尊厳が認められ、豊かな人生を自己実現できるように支援し、サービスの提供をすることが私たちの責務です。そのために、私たちは支援者として確固たる倫理観をもって、その専門的役割を自覚し、自らの使命を果たさなければなりません。
ここに私たちは就業規則を遵守するとともに、いつきの里従業者行動規準を定め、全従業者が実行します。

1.基本姿勢について
 ・私たちは、利用者の基本的人権を尊重し、あらゆる場面でこれらが損なわれることのないよう支援とサービスの提供を行います。
 ・私たちは、事業所の主体は利用者であることを常に自覚し、それぞれの個性や心身の状況及び希望等に基づいて個別的に支援とサービスの提供を行います。
 ・私たちは、利用者に対して体罰や暴言等を行いません。
 ・私たちは、利用者へ行う支援やサービス提供について、事前に説明し了解を得てから行います。
 ・私たちは、利用者の苦情や要望を聞き、適切に応えます。
 ・私たちは、利用者が市民又地域住民として地域社会の中で受け入れられ、その交流が促進されるように、あらゆる機会を通して支援します。
 ・私たちは、互いに専門性を認め合い、相互の連絡を密にし、良好なチームワークの確立に努めます。

2.利用者について
 ・私たちは、いかなる場合でも人と人のかかわりを基本として、支援とサービスの提供を行います。
 ・私たちは、利用者に適切かつ正確な情報提供を行うとともに、ひとりひとりの思いや声を聞き、その個性や心身の状況及び希望を尊重し、適切かつ誠意をもって対応します。
 ・私たちは、利用者の生活習慣及び生活歴をよく知り、できる限り尊重します。
 ・私たちは、利用者に対して積極的に言葉かけをし、相手の話に耳を傾け、行動に気を配ります。
 ・私たちは、従業者主体の指示や強要ではなく、本人の意思を尊重して支援とサービスの提供を行います。
 ・私たちは、意思や欲求の表現が困難な利用者に対し、専門的支援により、できるだけその意思や欲求を汲み取れる努力を行います。
 ・私たちは、利用者に対して社会的に不適応とされる行動の軽減を図るために、適切な支援を行います。
 ・私たちは、利用者の現状のみに捉われることなく、明確な将来的ビジョンを持って支援・サービスの提供を行います。
 ・私たちは、常に言葉遣いに気を配り、利用者を呼ぶ際には「○○さん」と敬称をつけます。
 ・私たちは、利用者のQOL向上を図るため、施設環境を整え、社会資源を有効に活用します。
 ・私たちは、利用者の人権やプライバシー保護に最大限の配慮を行います。
 ・私たちは、利用者の情報について、決して外部に流失しないようにします。これはいつきの里の従業者でなくなっても守ります。
 ・私たちは、利用者が楽しく又おいしく食事ができるための環境作りを常に心掛けます。
 ・私たちは、利用者の衛生面への配慮を徹底するとともに、健康上又心身の状況上等から、食事に配慮が必要な場合は、適切な食事の提供に心掛けます。
 ・私たちは、利用者が快適で健康的な生活が送れるよう心掛け、ひとりひとりの健康に配慮し、事故防止に留意した支援とサービスの提供を行います。
 ・私たちは、利用者の趣味、スポーツ活動の充実を図り、文化的な生活が送れるよう支援とサービスの提供を行います。
 ・私たちは、利用者に対して希望を聞き、外出の機会を確保します。
 ・私たちは、利用者の金品の使途及び管理について、適正かつ厳正にし、その収支を明確にします。

3.利用者の家族等について
 ・私たちは、利用者の家族等へ対して正確な情報を提供し、相互信頼を深める努力を怠りません。
 ・私たちは、家族等の秘密を守りプライバシーの保護に努めます。又知り得た秘密を決して外部に流失しないようにします。これはいつきの里の従業者でなくなっても守ります。
 ・私たちは、家族等からの意見や相談に誠意をもってのぞみ、適切に対応します。
 ・私たちは、家族等に対して利用者の金品について十分な連絡・報告をします。

4.地域社会等について
 ・私たちは、地域社会へあらゆる手段をもって情報を発信し、利用者個々や事業所全体の理解を得ることに努めます。
 ・私たちは、利用者の生活又行動の範囲を広げ、社会とのつながりを深めるために、利用者のニーズに応えられる様々な社会資源の活用に努めます。
 ・私たちは、専門的な知識や設備機能を地域社会のニーズに応じて提供し、相互に理解を深めるよう努めます。
 ・私たちは、ボランティア・見学者及び実習生等に対し、利用者への正しい理解を促し、利用者とのかかわりが円滑に行われるよう配慮します。
 ・私たちは、地域社会の信頼が得られるよう、社会人又専門職としての良識ある行動をします。

○虐待防止
            いつきの里虐待防止における取組みについて

 障害者(児)を支援するにあたり、以下のような行為は、障害者(児)への虐待です。不適切な支援から、傷害罪などに当たる犯罪行為まで様々ですが、いずれも障害者(児)への人権の重大な侵害であり、絶対に許されるものではありません。
 いつきの里全職員は常に相手の立場に立って、適切な支援に心がけるとともに以下の行為は一切行いません。

1.身体的虐待
 ・殴る、蹴る、投げ落とす。
 ・熱湯を飲ませる、食べられないものを食べさせる、食事を与えない。
 ・戸外に閉め出す、部屋に閉じこめる、縄などで縛る。

2.性的虐待
 ・性交、性的暴力、性的行為の強要。
 ・性器や性交、性的雑誌やビデオを見るよう強いる。
 ・裸の写真やビデオを撮る。

3.ネグレクト
 ・自己決定といって、放置する。
 ・話しかけられても無視する、拒否的態度を示す。
 ・失禁をしていても衣服を取り替えない。
 ・職員の不注意によりけがをさせる。

4.心理的虐待
 ・「そんなことすると外出させない」など言葉による脅迫。
 ・「何度言ったら分かるの」など心を傷つけることを繰り返す。
 ・成人の障害者を子ども扱いするなど自尊心を傷つける。
 ・他の障害者(児)と差別的な取り扱いをする。

5.その他
 ・障害者(児)の同意を得ない年金等の流出など財産の不当な処分。
 ・職員のやるべき仕事を指導の一環として行わせる。
 ・躾けや指導と称して行われる上記の行為。

 
Copyright(C) 2006 hukuzumikai. All Rights Reserved.