いつきの里
松山福祉園
くるみ園
いつきホームズ
地域生活支援室
福角保育園
ウィズ
堀江保育園
ウィズ
ウィズ
くるみ園
 
ようこそくるみ園へ
新着情報
くるみえんってどんなとこ
スケジュール
くるみ園での支援内容
事業計画・事業報告
年間行事
園だより
マニュアル
ご意見・お問合せ・苦情など
くるみ園指定相談支援事業所
くるみ園までのアクセス
お問合せ
  住所 : 郵便番号799-2652
松山市福角町甲1829番地
Mail : fukuzumikai@hukuzumikai.com
Tel : 089-978-5855
Fax : 089-978-5856
サイト内検索:
トップページ > くるみ園トップページ > くるみ園での支援内容
外来療育(母子通園)と毎日通園と地域支援についてです。
児童発達支援(毎日通園)
どこにも通っていなくて、発達支援・活動の場を必要としているお子さんのためのものです。通園バスで送迎いたします。
 
入園のためには、次の手続きが必要です。

通園に際しての手続きについて

通園に際しての手続きについて (87KB)  

平成29年度の入園受付について (129KB)  

(ねらい)
こどもの発達段階に応じた日常生活の自立に向けて、段階を追ってとりくみます。
隣接する福角保育園との合同保育、合同遊戯などの交流保育を通して地域の保育園、幼稚園への入園を積極的に働きかけます。


発達支援の内容は、次の4つの方法、考え方を基本においています。
1.  感覚運動あそびの考えから、自分の身体を中心として周囲の環境に、調節しながら適応していく力を養います。
2.  インリアルアプローチの考え方から、子どもの自発性を大事にし、人とのコミュニケーションの楽しさや便利さに気づき、コミュニケーションベースを育みます。
3.  感覚と運動の高次化理論から、物や人への関わりを広げて認知力を高め、豊かなあそびや人とのやりとりにつながるように支援します。
4.  新版K式発達検査2001、津守・稲毛式乳幼児発達検査の発達検査などから見えてくる子どもの全体像に視点をおき、子どもの発達に即した支援をします。

このような方法、考え方を中心に子どもたちが、生活やあそびの場面で「わかって行動する」「人とのやりとりが面白くてあそびを繰り返す」「自分の気持ちを伝えながらも他者の気持ちに気づき譲ったり我慢したりできる」ように、支援していきます。

クラス活動(午前中)・・・年齢を考慮して4つのクラスを編成します。
・ 基本的生活習慣の自立(排泄・食事・着脱)
・ 感覚認知
・ 言語
・ 運動機能
グループ活動(午後)・・・子どもたちの特性や発達によりグループを考えます。
・ 運動グループ 這う、立つ、歩く等、姿勢やバランスの運動基礎能力を養います。
・ 遊戯グループ 人や物(おもちゃあそび)に繰り返し向かう力・調整力を育てます。
・ 言語グループ ことばとあそびの広がり、子ども同士の共感や気持ちの理解を育てます。
水泳・・・月二回(火曜日実施)、伊予スイミングクラブにて取り組んでおります。水中の環境とそこでのコミュニケーション、水平姿勢を目指す取り組みや心肺機能など、心身の機能を高めます。
母子プレー・・・月に1回、保護者と子ども、担当職員で実施しています。実施時間は1コマ50分です。子どもの発達過程に合わせた取り組みを、ポーテージプログラムを軸にしながら課題設定をし、あそびを通した中で取り組んでいきます。親と子の絆を深め、子育てにおけるお互いのコミュニケーションスキルを高めていくための、くるみ園における発達支援の大きな柱となっています。

保育所等訪問

保育所等訪問 (112KB)  

障害児等療育支援事業

●巡回
実施施設に、実施施設の施設長、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、指導員、保育士等の職員等っで編成された相談、指導班を設置し、家庭訪問、巡回等の方法により、在宅障害児及びその保護者に対して各種の相談、指導を行います。


●外来(母子通園)
1.目的  *****
 子どもの発達や育児に対して不安のある保護者の方と共に、子どもへの支援を通して今後より良い方向について考えます。

2.利用までの流れ  *****
 予約→見学・相談→くるみ園 母子通園(外来相談)の利用
 利用を希望される方は電話にて予約して下さい。面談後、外来利用や入園についての相談に応じます。 

3.実施内容  ***** 

*在宅の方
 個別支援と、年齢中心に編成した4つのクラスの内、出来るだけその年齢に近いクラスで集団活動やあそびに参加していきます。

1 個別支援   9:00 〜 9:50
2 クラス活動  10:00 〜 11:30 - - - - -

毎週、月曜日は9:00〜11:30までの参加のため個別療育とクラス療育に参加する。
更に、火曜日から土曜日のうち、月2回、朝9:00〜9:50に個別療育のみを実施します。
回数・・ 一月に月曜日4回、他の曜日2回の合計6回

*幼稚園や保育園などを利用している方
 個別支援と、簡単なルールを理解しながら人とやりとりをし、スムーズなコミュニケーションのとり方を小集団の活動の中で考えていきます。

個別支援     15:15 〜 16:00 -
グループ活動  15:15 〜 16:00 - - - - -

※水曜日、土曜日に関しては、個別支援14:00〜14:45になります。

グループは、年齢およびねらいによって編成されます。
ねらい
・ 他児の動きを見たり、真似をして相手と共感する
・ 他者の意図に気づいて動く
・ 身体を上手に動かしてバランスを良くする
回数・・ 月に2〜4回

4.スタッフ  *****
  初回面接・・・児童発達支援管理責任者
  心理担当 2名
  保育士   11名
 
5.その他  *****
  * 外来相談は無料です。
  * 発達検査の実施や利用している幼稚園や保育園と連携をとりますのでお知らせ下さい。
  * 次のステップへのコーディネートをいたします。
  * 必要に応じて他機関の紹介を行ないます。

利用を希望される方は電話でご連絡下さい。

●施設支援
幼稚園や保育園等で園生活に馴染めない子を含めたクラス運営や、障害に関する啓蒙活動等、園からの要請があれば、くるみ園のスタッフが出かけ、情報交換や助言を行います。

その他くるみ園が行う独自の取り組み


●おもちゃの図書館(毎週火曜日、第3月曜日に開館)
おもちゃの図書館は、「障がいのある子もない子も共に仲良く、そしてあそびも豊かに」と活動している全国組織の団体です。園内には約250点の各種おもちゃがあり、家庭への貸し出しやあそびの場の提供をしています。

松山おもちゃライブラリー

はじめに
おもちゃ・・・・子どもって大好きですよね。
 おもちゃは子供たちの成長、発達を促すうえで重要な役割をしています。
 障害のある子どもも、ない子どもも、お父さんもお母さんも、みんな一緒になってあそび、ふれあえる場所がおもちゃライブラリーです。
 みなさんも参加して友達をたくさんつくりましょう。
松山おもちゃライブラリーの場所
愛媛県松山市福角町甲1285番地1 くるみ園内
 TEL(089)979−5026
 FAX(089)979−5027
おもちゃの種類
 乳児のおもちゃ・音のでるおもちゃ・型はめ・パズル・ままごとセット・運動遊具・手作りおもちゃ(布絵本、木工おもちゃ、人形)等 多数のおもちゃを用意しております
利用の仕方
  開館日 毎週火曜日、第3月曜日
        PM1:00〜3:00
 お母さんやお父さんと一緒に(大人同伴)遊びに来てください。
 備え付けのノートに名前と住所を書いて利用の申込みをして下さい。
 「子どもカード」(貸し出しカード)を差し上げます。
 あそんでみて「おもしろいな」と思ったら、そのおもちゃを借りることができます。貸し出しは2週間です。
 利用は無料です。
ボランティア募集のお願い
 子どもたちと一緒に遊んでくださる方、おもちゃを作ってくださる方、おもちゃの修理をしてくださる方、おもちゃ購入の為の資金援助をしてくださる方、心よりお待ちしております。
 ご協力お願いします。


 くるみ園開設の昭和53年度から、法人内の福角保育園との交流保育を実施しています。
 毎年、5月初めに合同職員会を開き、内容について検討します。

合同保育
くるみ園から、週2回(火・木)保育園へ行き一緒に遊びます。
年度によって、5〜8名の子どもと職員2名で参加しています。
年間計画に基づき、「自由保育」「設定保育」「給食」等の参加を実施いたします。
合同遊戯
くるみ園に保育園児が来て、月1回一緒に遊びます。
4クラスに分かれて年長児の「ぞう組」、年中児の「パンダ組」の子ども達が参加する場合と全員で参加する場合があります。
その他の行事
防災訓練、交通安全教室、園内プールあそびなどを合同で実施しています。


希望される方は、親子で希望園にて交流保育をすることができます。
1. くるみ園園長より交流希望園に依頼の連絡をします。
2. くるみ園地域担当職員が、初回に交流希望園に同伴して子どもの様子や留意点、交流の日程などを確認します。

 
Copyright(C) 2006 hukuzumikai. All Rights Reserved.