Menu
福角会の取り組み

法人間連携協定

 平成29年4月1日に三法人により、大規模広域災害が発災した場合、同一県内での共助には限りがあることを想定し、平素から意見交換をしていた、徳島県の社会福祉法人 柏涛会、高知県の社会福祉法人 昭和会 愛媛県の社会福祉法人 福角会が、四国地区内での広域的な試み(四国地区知的障害者福祉協会の防災活動へのフィードバックも見据えたモデルケース)として、法人間連携協定を結び、互いに顔の見える関係づくりを基本とした「法人間相互の連携に関する取り組み」をスタートさせました。

 令和24月には、新たに愛媛県の社会福祉法人大洲育成園が参加し、「法人間連携協定」として、更なる社会福祉法人の連携・協働化を図る方法として、社会福祉法人が中核となり、適切な福祉サービスの提供や社会福祉法人の経営基盤を強化するための連携・協働化に向けた取り組みを行うため、災害時のみならず平時から人事交流や研修等の諸事業を行うとともに参加法人が持っている情報やネットワークなどの資源を最大限に活用し、それぞれの地域の中で良質かつ適切な福祉サービスの提供や社会福祉法人の経営基盤の強化を図っています。

 

PDF法人間連携協定書(476KB)

災害時における法人間相互の対応

大規模地震、風水害に加えて新型コロナウイルスウイルス感染症等の災害が発生した場合に、法人間の円滑な連携及び対応を迅速に図ります。

PDF災害時における法人間相互の対応に関する申し合わせ事項(737KB)
PDF災害時連絡体制表(516KB)
PDF法人間災害時連絡体制マニュアル(979KB)
PDF支援物資状況(1.12MB)
PDF支援要請書 (742KB)

人事交流

各法人に必要な福祉人材を中長期にわたって安定的に確保できる取り組みと支援者としてふさわしい福祉人材の育成をはかるとともに、継続して働ける職場環境を構築し、人材の定着を図ります。

PDF人材交流に関する申し合わせ事項(741KB)

研修

参加法人が蓄積しているそれぞれの知識・技術や手法・手続き等のノウハウを共有します。

PDF研修に関する申し合わせ事項(740KB)

↑
電話する アクセスマップ